【死の真相】ブルース・リーの死亡原因は頭痛薬だった!

[ シェアする ヾ(⌒▽⌒)ノ゙ ]




弱冠32歳で死亡したブルース・リー

死の原因はWIKIにもあるとおり脳浮腫だった
ようですが、直接の原因は市販の頭痛薬を飲んで
死んでしまったようです。

死の原因の鎮静薬

愛人だった台湾女優、ベティ・ティン・ペイの家で頭痛を
訴えたリーに彼女が渡した「エクァジェシック」という鎮静薬が
原因でアレルギー反応を起こし、脳がむくんで死亡してしまった。
というのが死の真相らしいのです。
それは映画、死亡遊戯の撮影の最中でした。

息子のブランドンは28歳で死亡

ブランドンは1985年にカンフー映画でデビュー。
1993年に映画『クロウ/飛翔伝説』の収録中に空砲のはずの
拳銃に実弾が入っていて腹部を撃たれて死亡。



予言された親子の死の因縁

ブルース・リーの遺作死亡遊戯は代役を立てて
撮影されました。
死亡遊戯の内容にはブルース・リーがスタント
シーンの最中に殺し屋から空砲に見立てた拳銃
で実弾を撃たれてしまうシーンがありました。
それはそのまま息子の死亡したクロウ撮影現場
そのもののようです。

ブルース・リーの死後、死亡遊戯は代役を立てて
撮影され、ブランドンのクロウも残りの撮影は
未使用映像やCGを使って補填されたようです。

ブランドン主演 “ 出典 www.youtube.com The Crow – Official Trailer ”

“ 出典 www.youtube.com ブルース・リーの娘シャノン・リーのカンフー アクション ”

出典 www.youtube.com ブルース・リー 胸熱アクション映像 (The best of Bruce Lee)李小龍 ”

コメント

  1. 名無しさん より:

    ブランドンって誰

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。