【危険なラジウム】時計の文字盤を描く作業が原因で被爆死!

[ シェアする ヾ(⌒▽⌒)ノ゙ ]

アメリカで1920年代前後にラジウムが原因で多くの死亡事故が起きました。
ラジウムを含んだ夜光塗料を時計の針や文字に描いていた労働者が、多数被爆したのです。

Daily Herald Archive/SSPL/Getty Images

時計の針の部分には夜の暗闇でも見えるように夜光塗料が塗られているものがありますが、その当時には夜光塗料にラジウムが含まれていて、そこから放射線が放出されていました。
その夜光塗料を時計の針や文字に描いていた労働者が多数被爆したのです。




賃金は3倍、魅力的な労働、隠されたリスク

当時のアメリカは戦争が始まった頃でした。
働く女性は増え、人気の仕事は時計の文字盤塗装工でした。
家庭用の時計や兵隊の使用する腕時計の針や文字に夜光塗料を塗る仕事です
。仕事についた彼女らの多くは10代から20代の若い女性でした。

ラジウムを扱う工場の管理者もラジウムの危険性を十分には認識していませんでしたが、危険性は認識していたようで、暴露は慎重に避けていました。

しかし従業員には恐れる必要はなく、危険ではない事を説明していたのです。 そのひとつの理由には、当時の社会常識として、微量のラジウムは健康によいとされていました。

ラジウム水やラジウム入り歯磨き粉。ラジウム入りのパンやチョコも売られていました。

しかし微量のラジウムは健康に良いと発表していたのは、ラジウムで利益を得ている企業でした。
その企業が実施した研究にもとづいて発表されたもので、害を及ぼす未知の危険性は無視された研究発表でした。
その誤った情報が社会通念として受け入れられていたのです。

スポンサーリンク



発症し始める犠牲者たち

工場での彼女たちは、とても小さな文字盤に筆入れする作業なので、繊細な筆さばきが必要になります。

彼女らはみな筆の先を唇の先や舌を使って調整しては尖らせ、文字を描いたり針に夜光塗料をぬったりします。

そのたびに塗料の中のラジウムを摂取することになるのです。
のちに舌ガンや顎のまわりのガンを多く発症することになります。

また彼女らは“ ゴーストガールズ”とも言われていました。
仕事が終わり彼女らが夕闇に現れると、仕事中に全身についたラジウムが暗闇で光って見えたからです。

ラジウムの危険性も知らず、冗談好きな彼女らは自分の歯に塗料をぬって、暗闇の中で光るラジウムの歯を見せて喜んだいたとも伝えられています。

広がる犠牲者

最初の犠牲者はモリーでした。
歯が痛み始めたので歯科で治療してもらうと化膿してすぐ次の歯が痛み始めました。痛みは手足にも広がり痛くて歩けなくなりました。

医者はリウマチを疑いアスピリンを使用しますが、放射線が原因なので効果はありませんでした。

膿瘍は顎や頬にも広がり感染症を起こし、最後には頸静脈を損傷して出血が止まらず亡くなってしまいました。

医者は根本的な原因を特定出来ず、診断書には梅毒で死亡と書かれました。

モリー以外にも同じような症状が同僚たちにも広がっていきました。

ラジウムは皮膚に付着しても有害ですが、体内に摂取された場合、わずかな量でも損傷は何千倍にも膨らみます。

体に取り込まれたラジウムは絶えず放射線を発しつづけるので細胞は損傷し、骨髄はダメージを受け、骨は密度を失って簡単に骨折してしまいます。

モリーと同じ症状に苦しめられ始めた彼女たちは弁護士を立てて会社を訴えようとしますが、弁護士がなかなか見つかりませんでした。
ラジウム会社の圧力が働いていましたし、当時は放射能障害は保証可能な病気ではなかったからです。

しかしラジウムの被害は広がり、新聞もこの事件をとりあげ始めて弁護士も正式につき、法廷での戦いが始まります。

会社側はラジウムの被害を否定します。証拠にモリーの診断書を提出して、死因の梅毒をあげてラジウムとの関連を否定しました。

イリノイ州のラジウムガールが明らかなラジウムによる障害で死亡したときは、会社側は死亡原因解明のための死体の検死解剖を妨害しました。そしてラジウムが含まれた死者の骨を証拠隠滅のために盗んだりもしたのです。

ラジウムガールの一人、キャサリンはガンに冒されながらも法廷で弁護士と戦いつづけ途中で死亡してしまいますが、法廷で勝利を収めます。

これは従業員が会社を訴える権利を確立させた最初の例となり、労働法史上初めての出来事でした。
ここから現在の労働者の安全と権利が重要とされる社会的な基盤が構築されるようになったのです。

現在でも時計に使われてる夜光塗料は危険なのか?

1993年ころに新しい夜光材が開発されて1990年代後半には時計の文字盤に、放射性物質を使用する事が禁止されたようです。

現在はアルミン酸ストロンチウムが使用されて安全だといわれています。

1993年開発され、夜光顔料の歴史を大きく塗り替えたとされるN夜光(ルミノーバ)

参照:wiki “Radium Girls

【衝撃】かつて販売されていた放射性物質入り商品7選

youtube 映画『ラジウム・シティ ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』予告編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。