【警部殺し】元巡査「この人が死んだら楽になるかも」→拳銃で射殺!

河瀬駅前交番警察官射殺事件

河瀬駅前交番警察官射殺事件

河瀬駅前交番警察官射殺事件

昨年4月、交番勤務中に上司の警部を射殺した元巡査の
裁判員裁判が始まりました。
この事件の動機は詳しく公表されていません
でしたが、起訴状で初めて明らかになりました。

警部殺しの動機は「この人が死んだら楽になるかも」

日頃から叱責を受けていた犯人の大西智博(当時19歳警官/巡査)
は、井本光警部(当時41)から、

『おまえがあほなんは親があほやからちゃうんけ』

などと言われ、

『この人が死んだら楽になる』ということで頭がいっぱいになった」

と供述。

大西智博(当時19歳警官/巡査)

大西智博(当時19歳警官/巡査)


河瀬駅前交番内で、井本光警部(当時41)を背後から拳銃で
撃って殺害した模様です。



大西智博(当時19歳警官/巡査)は逮捕直前に
タバコと逃走資金とも思われる50万円をATMで
引き出しており、大西本人の未成年の喫煙事実を
殺害した警部に指摘されていたとの情報もあります。

詳しくはこちら↓(関連動画あり)

【裁判】上司「おまえがあほなんは親があほやからちゃうんけ」巡査「この人が死んだら楽になる」→射殺へ 滋賀

井本光警部(当時41)

井本光警部(当時41)


1ガーディス ★2019/01/30(水)
元巡査「この人が死んだら楽に…」滋賀・警察官射殺

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000146448.html

去年4月、滋賀県彦根市の交番で勤務中に上司を射殺した
罪に問われている元巡査の男の裁判員裁判が始まり、
元巡査は起訴内容を認めました。

(濱田大地記者報告)
この事件については元巡査の動機が詳しく分かっていませんでしたが、
裁判で弁護側は親を侮辱されたことが引き金になったと明らかにしました。

起訴状によりますと、当時19歳だった元巡査の男(20)は
去年4月11日、彦根市の河瀬駅前交番で上司の井本光警部(当時41)を
背後から拳銃で撃って殺害した罪などに問われています。

30日の初公判で、元巡査は起訴内容について

「その通りです。間違いありません」

と認め、弁護側は動機について

「井本警部から繰り返し叱責(しっせき)を受けていた元巡査は
『おまえがあほなんは親があほやからちゃうんけ』
と言われ、

『この人が死んだら楽になる』
ということで頭がいっぱいになった」
と説明。

検察は「動機は短絡的で自己中心的」と非難しました。

弁護側は元巡査が精神的なストレスで責任能力が低下していた
と主張するなど刑を軽くするよう求めていて、
裁判員がどう判断するか注目されます。
元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548824155/

19歳巡査が教育係の巡査部長を射殺 「罵倒されたので撃った」

河瀬駅前交番警察官射殺事件

2018年(平成30年)4月11日夜に滋賀県彦根市南川瀬町の滋賀県警察
(以下「滋賀県警」および「県警」)
彦根警察署河瀬駅前交番で発生した殺人事件。
勤務中の警察官
(犯行当時19歳巡査、逮捕後に懲戒免職)
が貸与された拳銃で上司の警察官(事件当時41歳巡査部長、
、事件後に警部へ2階級特進)
を射殺した。

警察庁によれば
「警察官が貸与された拳銃で同僚を射殺した事件は初めて」
であり、この
「前代未聞の不祥事」
は日本社会に大きな衝撃を与えた。

参照:wiki]



コメント

タイトルとURLをコピーしました