【思いがけず】82年前の沖縄を写した貴重な写真が朝日新聞倉庫で大量に見つかる

[ シェアする ヾ(⌒▽⌒)ノ゙ ]




専門家は「大変貴重な資料」と評価

さきほど、朝日新聞大阪の倉庫で眠っていたネガを、偶然社員が発見した。
ネガを確認すると、それは戦前の1935(昭和10)年に撮影されたもので、朝日新聞(当時)の記者が撮った沖縄のネガ277コマだった。

撮影したのは大阪朝日新聞のカメラマン藤本護氏(46年、40歳で死去)。
社会部記者の守山義雄氏(64年、53歳で死去)とともに沖縄を訪れ、糸満や名護の漁業などを取材した。

見つかった写真は多岐にわたり、ジャンルは

自然、集落、暮らし、こども、すべて、糸満、古謝、久高島、那覇

と幅広い。

傷やカビにまみれたネガは修復されて、82年前の美しい沖縄が鮮やかによみがえります。

朝日新聞:戦前の沖縄写真、大量に発見 82年前に朝日記者が撮影

こちらのリンクから写真を全部見ることが出来ます

沖縄1935写真でよみがえる戦前

↓↓↓↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。