【台湾発】道端で赤い封筒を見つけたら拾ってはいけない!

[ シェアする ヾ(⌒▽⌒)ノ゙ ]




死者との結婚

台湾で道端に赤い封筒が落ちていることがあります。

それは絶対に拾ってはいけないと台湾では言われています。

それを拾ってしまうと、独身で死んでしまった女性との結婚相手にされてしまうそうです。これは台湾の風習で、女性が若くして亡くなった場合にだけ行われる冥婚といわれるものだそうです。

赤い封筒は、死者の両親が置いたもので、
結婚もせず未婚で死んでしまった娘に、せめてあの世で結婚させてあげようという親心から赤い封筒を道端に置き、縁があって拾ってくれた男性に両親が死んだ娘への結婚を申し込むのです。

死者と結婚させる巧妙な仕掛け

常識的に考えると死者と結婚する人はいません。
まして知らない人と結婚する男性などいないでしょう。
しかしここに巧妙な仕掛けがあります。
道に置かれた赤い封筒は、封が開いて中からお札がはみ出ているのです。
お金が見えているので、思わず拾ってしまいます。そして中を見るとお札と一緒に死者の髪の毛と爪が入っている。
ギクリとして棒立ちになってしまうと、道端にひそんでいた両親や親族がワッと出てくる。
にこやかに笑いながら、

「おめでたい、おめでたい」
「ありがとうございます」

などと口々に祝福の言葉をささやきながら囲まれてしまうのです。
何がなんだかわからないうちに、おごそかに事の経緯を説明されます。
娘が独身のまま死んでしまったこと、死んだ娘への供養としてあの世で結婚させてあげたい事。
そして縁ある相手を捜すために赤い封筒を道端に置いたこと。
結婚していない年頃の娘は、瞑婚でもしないと先祖合同の墓には弔うことが出来ないことなどを話します。

拾った人は驚いたり怪訝な表情をしながらも、人情として話をきちんと最後まで聞いてしまいます。そこで両親は、この世の結婚式とかではなく、形だけの供養としての結婚式を娘と挙げていただけないだろうか?
もちろん、供養としての結婚なので、籍を入れることもなく、あなたの生活を縛ることもない。あくまで供養しての結婚です。そう、くどくといいます。

死者の両親は、死者と結婚する条件にお礼として金品を差し出すといいます。
死者と結婚する相手は、亡くなった方と結婚式を挙げますが、そのあとは何もなく、一年に一度だけ命日に供養におとずれるといいます。




日本にもあった死後結婚

山形県の村山地方につたわる民俗風習で
“ 死後結婚 ”というのがあります。
ムカサリ絵馬という絵を書いてもらい、そこに未婚で死んでしまった死者の婚礼の絵を書いてもらって、せめてあの世で結婚して幸せになってもらおういう風習です。
亡くなった方の親族が死者の婚姻風景のムサカリ絵馬をお寺に持っていき、祝言をあげるのです。

台湾の風習に似てますが、似ていないところが一点あります。
それは死んだ方の相手は絶対に

架空の人にしなければいけない

というルールです。
つまり、ムカサリ絵馬に描かれた死者の婚姻の相手は現実には存在しない人が描かれます。
昔は、亡くなった方の恋人とか片思いの相手を描いていたそうですが、現在では絶対にそれはありえません。
なぜなら相手として描かれた人は死んでしまう、という不幸な事例があったからです。
つまり、あの世につれていかれちゃった・・・ということなのです。

~詳細は下の動画でどうぞ~

“ 出典 www.youtube.com:【心霊】死後結婚 

【衝撃】「死後の世界」の特徴と科学的根拠8選 ”




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。