医学

ニュース

【東大研究チーム解明】日本人に胃がんが多い理由は東南アジアの“ピロリ菌”が最悪だったことが判明!

“ピロリ菌”はこわいですね、 東アジアでの胃がん発症率が高い理由のひとつとして、日本を含む東南アジアの“ピロリ菌”は、欧米と比べると胃内酵素の結びつきが100倍強いらしいのです。“ピロリ菌”は胃の細胞に取り付いて、針を差し...…………つづきを読む